旅の準備・困りごと

ベトジェットエアのチケット予約方法!セールじゃなくても安く買うには?オプション・シート種類別の値段も紹介

ishiyamaharu
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

コロナ後の一発目の海外女ひとり旅として、ベトナムを考えている方もおおいのではないでしょうか?そして近頃ベトナムに格安で行けるということで話題になっているのが、「ベトジェットエア」です!

いちこちゃん
いちこちゃん

ベトジェットエアのホームページが分かりにくくて予約方法に迷ってるよ~。ベトジェットの航空券はどうやって予約するのが正解かな?

それに、座席とか機内食とか、どんなオプションをつければいいんだろう。

そんないちこちゃんのような悩みをもつ皆さんに向けて、この記事では、ベトジェットエアの航空券を安く買う方法や、ベトジェットエア公式ホームページとTrip.comで予約する際の違い、ベトジェットエアのオプションの種類や値段などについて紹介していきますー!

ベトジェットエアはベトナム初の格安航空(LCC)

ベトジェットエアはベトナム初の格安航空(LCC)で、最近(2023年)はベトジェットを利用するとあの台湾よりも安くベトナムに行けるということで、気になっている方も多いんじゃないでしょうか。

私もついこの間、ベトジェットエアで格安の航空券(なんと往復2万9,170円!)を予約してホーチミンに行ってきました。

合わせて読みたい
ベトジェットエア搭乗記|評判・口コミも!VJ823便でホーチミンまで成田からLCCの女ひとり旅
ベトジェットエア搭乗記|評判・口コミも!VJ823便でホーチミンまで成田からLCCの女ひとり旅

ベトジェットエアの航空券の料金内訳

そんな安すぎるベトジェットエアの航空金の料金内訳を一緒に見ていきましょう~!

こちらが実際に私が購入したベトジェットエアの「成田発ホーチミン行きチケット」の料金内訳です。

約1万4,500円(航空券の値段)+1,220円(オプション料金)=1万5,792円ということで、片道約1万6,000円のチケットです。燃油サーチャージを含めても格安なところが嬉しいポイントです◎

というか燃油サーチャージやら税金やらをひくと、運賃は1,206円になってますね…。運賃がたったの1,206円で大丈夫なのでしょうか!?ベトジェットエアすごい。

ベトジェットエアのチケットを安く買う方法

ベトジェットエアのチケットを安く買うためには、

  • ベトジェットエアのセールを狙う
  • ベトジェットエアの航空券が安い時期を狙う

の2つの方法があると思っています!

石山はる
石山はる

ベトジェットエアをはじめとしたLCCのセールは無料や100円など、破格な値段で売り出しているときも多いけど、競争が激しくてなかなか手に入らないので、私は航空券が安い時期を狙っているよ

私が成田-ホーチミン間で往復3万円を切るチケットを買えたのは、Google フライトスカイスキャナーを利用してホーチミンへの航空券が安くなっている日時を調べ、その日程に合わせて旅行日を選んだからなのでした。

いちこちゃん
いちこちゃん

格安航空券ファーストで旅行日を決めてるんだねえ。

スカイスキャナーで調べると、ベトジェットエアの同じ日時のチケットでも、取り扱うチケット代理店によって料金が変わってきます。今回は、Trip.comが最安値だったため、Trip.comで予約をしました。

2023年8月31~9月4日でもトリップドットコムが最安値(スカイスキャナー)

飛行機のチケットを安く買う方法については、こちらの記事でも詳しく解説しています~!

Trip.comでベトジェットの格安航空券を予約する方法

それではまず初めに、Trip.com経由でベトジェットエアの航空券を予約する方法をご紹介していきます!

Trip.comから予約するメリットとデメリット

実際の予約方法を見る前に、私が感じたTrip.comでベトジェットエアの航空券を予約するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • ベトジェットエア公式ホームページよりも予約完了までの手続きが簡単
  • 日本語でのカスタマーサポートがある
  • 航空券を買うとホテルが割引になるクーポンをもらえる
デメリット
  • 予約できるオプションの種類が限られている

Trip.comからベトジェットの航空券を予約してみる

スカイスキャナーで最安値のチケットを見つけたら、予約サイトを選びます。

「選ぶ→」ボタンを押すとこの画面になります。14件の予約サイトのうち、トリップドットコムが最安値となっているので、「サイトへ移動」ボタンをクリックします。

すると、Trip.comのサイトに遷移します。受託手荷物(預け入れ荷物)があるかどうかで運賃が変わってきます。ここでお金をかけたくないのであれば、荷物を最小限にして受託手荷物なしを選ぶことをおすすめします!

運賃の選択や搭乗者情報の入力をしたら、次の画面にうつりましょう。キャンセル保障が選べます。航空券をキャンセルするときにお金が戻ってくるオプションなので、不安な場合はオプションつけてもいいかもです。

最後に、お支払方法を選択すれば、予約完了です!支払方法はクレジットカードか電子決済が選べます。

予約が完了すると、登録したメールアドレスTrip.comからメールが届きます。添付ファイルの「eチケットお客様控え」を印刷して空港に持参することが推奨されていますが、英数字6桁の「航空会社予約番号」さえ忘れずにいれば、チェックインすることができます。

ベトジェットエア公式ホームページでの予約方法

続いてベトジェットエアの公式ホームページから予約する方法をご紹介していきます!

ベトジェットエア公式ホームページのメリット・デメリット

実際の予約方法を見る前に、私が感じたベトジェットエア公式ホームページで予約するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • オプションの予約ができる
  • sky boss など、高価なプランも予約できる
デメリット
  • Trip.comと比べて決済まで時間がかかる
  • サイトデザインが見づらい
  • ほかの予約サイトとほとんど値段が変わらない
  • たまに決済失敗となることがある

ベトジェットエア公式ホームページは予約の際に時間もかかるし見づらいので、私は値段が変わらないならTrip.comでいいや~となりました。

ベトジェットエア公式ホームページから予約してみる

まずはベトジェットエア公式ホームページにアクセスし、グーグルフライトやスカイスキャナーで調べた最安値の日程の航空券を探します。

先ほどトリップドットコムで予約したチケットは、行きのチケットは成田発、帰りは羽田着でした。トリップドットコムの場合、発着空港が違っても一気に予約できるのですが、ベトジェットエア公式ホームページの場合は片道ずつ予約する必要があります

片道ずつ予約する

希望の日付が赤くなっていることを確認したら、「次へ進む」ボタンを押します。

続いて、航空券のランクを選ぶことになります。ベトジェットエアの航空券のランクは4つに分かれていますが、それぞれの違いとしては、

  • 機内持ち込み手荷物の重さ
  • 受託手荷物の有無、重さ
  • 機内食の有無
  • 優先チェックインの有無
  • ラウンジ利用の有無
  • 専用シャトルバス利用の有無
  • 座席指定の有無
  • 日付・ルート変更可能/不可

などになります。

今回は安く予約したいので、機内持ち込み手荷物7kg以外はオプションが含まれていないecoプランを選択します。プランを選択すると、運賃以外にも燃油サーチャージや税金が含まれた総額の料金が表示されます。この場合は97.8USDなので、片道約1万3,900円になります。安い!

運賃の確認をしたら、乗客情報を入力します。赤く表示されているところが必須項目です。

続いてオプションの選択をします。デフォルトで20kgの受託手荷物が追加されているので、23ドル払いたくない人は、このオプションを削除しましょう。

必要な方は座席や機内食などのオプションを予約し、それが終わればやっと支払いです。支払方法はクレジットカードまたはデビットカードが可能なようです。支払詳細を見てみると、航空券に謎のユーティリティ料金が5ドルが加算され、お支払い総額は102.8ドルとなりました。約14,610円ですね。

支払情報を入力すれば、これで予約完了です!

ベトジェットエアのオプションの料金・値段

航空券を購入する際に予約できるベトジェットエアのオプションサービスは、

  • 航空券クラス
  • 座席指定
  • 受託手荷物
  • 機内食
  • プライオリティチェックイン
  • 免税品
  • お土産
  • ホテル

があります。ここでは、航空券クラス・座席指定・受託手荷物・機内食・プライオリティチェックインについて詳しくご紹介していきます。

ベトジェットエアの航空券クラス別の料金

ベトジェットエアの航空券は、いわゆるエコノミークラス以外にも3つのクラスが用意されています。

ベトジェットエアの航空券プラン
  • Eco
  • Deluxe
  • sky BOSS
  • sky BOSS Business

ベトジェットエアのEcoプランとは

ベトジェットエアのEcoプランはいわゆるエコノミークラスで、最も安いプランになります。受託手荷物も機内食もない状態で、成田からホーチミンまで運賃は12.55ドル(燃油サーチャージなどは別)です!

ベトジェットエアのDeluxeプランとは

ベトジェットエアのecoプランに約9ドル追加すると、Deluxeプランに変更できます。受託手荷物だけでなく、座席指定や機内食の飲み物がついてきます。約9ドルでこれだけオプションが追加されるのはかなりお得な気がします。

ベトジェットエアのsky BOSSプランとは

ベトジェットエアのsky BOSSは約552ドルと、一気に高額になります。ラグジュアリーラウンジの利用や優先チェックインが利用できるそうなのですが、正直ベトジェットにこれだけ支払うならベトナム航空を利用したい気もしてきますw

ベトジェットエアのsky BOSS Businessプランとは

ベトジェットエアのsky BOSS Businessプランは、ビジネスクラスといっていいと思います。約770ドルもしますが、ラウンジ利用のほか、通常よりも広めのビジネスクラス向けシートに座ることができます。

手前がエコノミークラスのシートで、奥に見えるのがsky BOSS Buisinessのシートです。広そうですよね…。

狭いはずのLCCだけど、余裕を感じさせるシートがあった

ベトジェットエアの座席指定にかかる料金

ベトジェットエアは、予約時に別料金を支払えば座席指定もすることができ、どの位置の座席を指定するかによって料金が変わってきます。

ベトジェットエアのシート種類別の値段
  • ノーマルシート・・・3.7ドル
  • フロントシート・・・6.7ドル
  • エクストラレッグシート・・・11ドル
  • ホットシート・・・11ドル

私はホットシートを予約しました。ベトジェットエアの公式ホームページには、ホットシートの定義が「最初に降機頂けます。お仕事でご利用される方など、より静かなゾーンです。(3列目から5列目)」と書かれています。

ホットシートでもこんな感じの足元の狭さ(身長158cmの場合)

ノーマルシートゾーンよりも特段静かだとは感じず、ホットシートだからといって座席の狭さは変わらないので、正直おなじ金額を出すならエクストラレッグシートの方がよかったなと思いました。

座席指定も位置や広さによって値段が変わる

Trip.comでベトジェットエアの座席・シートを予約する方法

ベトジェットエア公式ホームページだったら座席の予約も航空券と一緒にできるのですが、Trip.com経由やほかの予約サイトの場合だと、一度航空券を購入して航空会社予約番号を発行したあとに、ベトジェットエア公式ホームページで座席を予約することになります。

まずはベトジェットエア公式ホームページから、「マイブッキング」をクリックします。

このような画面に遷移するので、Trip.comから届いた予約番号や予約時の氏名を入力して検索をします。

自分が乗る便を確認し、座席指定を行います。私がこの方法で座席指定を行った際は、一度席をクリックしてしまうとほかの座席を選択できなかったり、なぜかクレジットカード決済ができなかったり、かなり戸惑いました。

一度うまくいかなかった場合は、もう一度さいしょの場面からやり直すなどして、決済まで終えることができました…。

ベトジェットエアの受託手荷物(預け入れ荷物)の料金

ベトジェットエアの受託手荷物の料金表は以下のようになっています。空港で購入すると高くなるため、もし預け入れたい場合は事前に予約するのがおすすめです。

私は2泊4日のスケジュールだったので、受託手荷物は予約せず、機内持ち込み手荷物7kgだけで頑張りましたw

重さ料金(ベトナムドン)
20kg52万
30kg105万
40kg140万
20kg oversized baggage92万
30kg oversized baggage145万
受託手荷物追加料金(事前予約の場合)

ベトジェットエアの機内食の料金

ベトジェットエアは予約時に機内食を選ぶことができ、すべて6.92ドルです。LCCなのにカップラーメンではなく、6.92ドルで本格的な機内食を食べれるのはいいですね。

ちなみに機内食は機内でも購入することができるのですが、予約していないと食べたいものがないという場合が多いです。

ベトジェットエアのプライオリティチェックインの料金

ベトジェットエアでは、6ドルを払えばプライオリティチェックインとして、優先的にチェックインすることができるようです。

ベトジェットエアのチェックインカウンターは、混むときはかなり混むようなので、心配な方は買ってもいいかもしれないですね。

私が成田空港発で行った時は、3時間前にチェックインカウンターに到着したからか、そこまで混んでおらずプライオリティチェックインを購入していなくても大丈夫でした。

最後に 格安航空券を予約してベトナム女ひとり旅!

ここまでベトジェットエアの航空券を安く予約する方法などなどご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか!

今ベトジェットエアの公式ホームページはまだまだ使い勝手が悪いところがたくさんあると言わざるを得ないです。

スムーズにベトジェットエアの航空券を予約したい方には、個人的にはTrip.comでの予約をおすすめしたいなと思います。

それでは、みなさん、たのしい旅を!!

ABOUT ME
石山はる
石山はる
ひとり旅好きなOL
ひとり旅が好きな社会人5年目のOL。これまでに海外31ヶ国、国内38都道府県を旅してきた。胃腸が弱く、海外で食べ物を口にするのが怖い。信じられるのはコーラとビールだけ。旅のスタイルは、長期バックパッカーから日帰り小旅行まで様々好き。小心者かつ英語も話せないような女子大生だったが、試行錯誤の末に世界一周もできるように。これまでに得た女ひとり旅のノウハウや、旅の面白さを発信します!あ~はやく長期休みにならないかな。
記事URLをコピーしました