海外

プーケット女一人旅に行ってきた!ビーチリゾートでのおすすめの過ごし方は?

ishiyamaharu
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

3泊4日プーケット女一人旅のモデルコース

台風の影響で日程が変更に。
帰国が18日の夜から19日の夜に。(なんや帰国便変更可のオープンチケット買ってたから助かった)

1日目8:50 成田空港発(成都で乗り換え)
23:00 プーケット着
アンサナラグーナプーケットへ移動
2日目朝食
CANAL VILLAGEでお土産さがし
ビーチでのんびり
ビーチサイドでお酒を飲む
3日目朝食
現地ツアーで象乗り体験
プールで泳ぐ
ビーチでのんびり
4日目朝食
ホテルをレイトチェックアウト
ホテルでスパ
0:15 プーケット発(成都で乗り換え)
翌日21:00 成田空港着

3泊4日プーケット女一人旅でかかった費用

いいホテルだったのに安かった。雨季にいったからかも!人も少なくてよかった~

なぜプーケットで女一人旅をしようと思ったのか?

私が「ビーチリゾートへ一人旅をしよう!」と思ったのは、社会人1年目の時です。新卒で働いていた会社は激務で、土日もいきなり仕事が入ることも多くあり、友達となかなか予定を合わせられないのが悩みでした。

そんな中で、今までよりも増してどこでもひとりで行って楽しめるようにならなきゃと思うように・・・!

街中の観光地の場合は、ゲストハウスで出会った人と観光をしたり、飲み屋で他の人と話したりして、一人でいっても楽しめることが分かっていました。

でも、ビーチリゾートだけは、なぜか「一人で行ったらさみしいのでは?」という気持ちが大きく挑戦できていませんでした。そこで、本当にビーチリゾートは一人では楽しめるのかどうかを確かめるべく、プーケットに向かったのでした。

ビーチリゾート女一人は意外に難易度が高かった

「プーケットのような王道ビーチリゾートに女ひとりで行けるならもうどこでも行けるやろ!」と意気込んで航空券を予約した私。

実際にプーケットで3泊4日過ごしてみて出た結論は、ひとり旅の中でもビーチリゾートのホテルステイは「難易度高め」かもしれないということです…!

ひとりだと夕日がさらに心にしみるぜ

というのも、私が予約したホテルは街中から少し離れたリゾートホテルが集まるエリア。街中を観光するというよりもいわゆる「ホテルおこもりステイ」のような滞在をしたので、何もしない時間がたくさんあったのです。

さらに、いつもはゲストハウスや街中のホテルに泊まっておりひとり旅の人も多かったのですが、プーケットのリゾートホテルには一人旅の人がおらず、家族連れやカップルなどでにぎわっており(当たり前か)、いつもより余計にひとり感が増しましたw

石山はる
石山はる

でもでも、ビーチ沿いでひとりで何もせずにぼーっとする時間の贅沢たるや…!

プーケット女一人旅が楽しめるのはこんな人
  • 海を見ながらぼーっとする時間が好きな人
  • 何もしないことを楽しめる人
  • ひとりの暇な時間の楽しみ方が分かっている人
  • 周りがざわざわしている中で一人でいても気にならない人

女一人旅のホテルはアンサナラグーナプーケット

今回プーケットで泊まったホテルは、「アンサナラグーナプーケット」です。

アップグレードしてくれたホテル

街に観光に行かずにただホテルでダラダラするスタイルにはおすすめ!どこに泊まるかは重要。今回は街の観光はしない!と決めていたのでここにした。

アンサナラグーナプーケットはアップグレードしてくれた

詳しい旅行記はこっちで

もしも街歩きしたいならこんなホテルもあるみたい!

プーケット女一人旅でおすすめの過ごし方

ここからは、実際に私がプーケットにひとりで行ってみて、楽しかったおすすめの過ごし方を書いていきたいと思います!

①ひたすらビーチでだらだらする

ホテルはビーチに面しているところを予約するのが圧倒的におすすめです!

プライベートビーチがあるホテルなら、だらだらするためのビーチベッドやパラソル、タオルなどを用意してくれているところがほとんどなので、日焼けも気にせず一日中のんびりすることができます~!

ビーチリゾートといったらこれ

ちなみに私がのんびりしていたビーチでは、ホテルのプライベートビーチのはずなのですが、現地の人がビーチでビールを売り歩いていましたw

お値段はプーケットにしては安くなく(1リットル200バーツくらいだった)、現金のみでした。

1リットル700円のシンハービールうまい

②いいホテルに泊まって何もしない

③スパ・マッサージを受ける

④現地ツアーに参加する

⑤街歩きをする!パトンビーチは行っておきたい

ホテルの近いところしかいかなかったけど、パトンビーチはいけばよかったなあ…。パトンビーチは夜がすごいたのしそう

プーケット女一人旅で気を付けること

①深夜にプーケットに到着する場合は移動手段を考えておく

深夜に到着する場合はホテルまでの移動手段を考えておく(私は事前にタクシー予約しておいたけど、今は配車アプリがあるから配車アプリを使うといいかも)

②酔いすぎない

③特にホテルにの外では気を抜かない

ひとり旅している女性は、世界で色々なところにいるけれど、やはり、一人旅の女性はを自覚する

まだまだ現地の人にとって女ひとりは珍しいぽかったから、なめられないようにする←

タクシーアプリ、現金で支払ったのだが、お釣りを返してくれなかったwまあもう帰国だからいいやと思って何も言わなかったが

現地の人になんでひとりで来たの?って何回か聞かれた(タクシーの人とビール売りのひと)

プーケット女一人旅で使ったSIMカード

無料通話あるのはよい、でも中国で使えなかったのはつらかったw今ならeSIMにするかも。kkadayとかearoのやつで

最後に プーケットひとり旅で癒られよう

ABOUT ME
石山はる
石山はる
ひとり旅好きなOL
ひとり旅が好きな社会人5年目のOL。これまでに海外31ヶ国、国内38都道府県を旅してきた。胃腸が弱く、海外で食べ物を口にするのが怖い。信じられるのはコーラとビールだけ。旅のスタイルは、長期バックパッカーから日帰り小旅行まで様々好き。小心者かつ英語も話せないような女子大生だったが、試行錯誤の末に世界一周もできるように。これまでに得た女ひとり旅のノウハウや、旅の面白さを発信します!あ~はやく長期休みにならないかな。
記事URLをコピーしました