海外

2024年!サンタクロースエクスプレスに乗ったブログ|寝台列車でヘルシンキからロヴァニエミへ

ishiyamaharu
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

フィンランドのヘルシンキに行くついでにロヴァニエミに行こうかなと考えている人もいるんじゃないでしょうか?

いちこちゃん
いちこちゃん

ヘルシンキからロヴァニエミに行く方法は、飛行機のほかにサンタクロースエクスプレスっていう寝台列車があるみたいだね。

飛行機よりは時間がかかりますが、ヘルシンキからロヴァニエミに行く手段としてサンタクロースエクスプレスに乗るのはとってもおすすめです!

ここでは、サンタクロースエクスプレスに乗るかどうか迷っている皆さんに向けて、2024年1月にサンタクロースエクスプレスの寝台車に乗った経験を詳しく書いていきたいと思います。

サンタクロースエクスプレスに乗ってオーロラを見に行こう!

サンタクロースエクスプレスは、フィンランドのヘルシンキからロヴァニエミをつなぐ夜行列車で、なんと「寝台車両(コンパートメント)」もある列車なんです!

石山はる
石山はる

寝台列車に乗ってサンタクロース村に行くなんて素敵!しかも寝台列車なら物価の高いフィンランドでホテル代も節約できる

ということでもともとはフィンランドのヘルシンキだけ観光しようと思っていたのですが、サンタクロースエクスプレスに乗って北部のラップランドにある街・ロヴァニエミに向かうことにしました。

ちなみにロヴァニエミはどんな街なのかというと、サンタクロース村で本物のサンタクロースに会えることでも有名ですが、

ロヴァニエミのサンタクロース村

運がよければオーロラも見れるらしいのです!このほかにも色々な雪にまつわるアクティビティを体験することができるみたいです。

冬のロヴァニエミは観光シーズン真っただ中なので、ヘルシンキよりもさらにホテルの値段が高かったです。早めの予約がおすすめです!

サンタクロースエクスプレスの予約方法

サンタクロースエクスプレスのチケットは代理店から買うこともできますが、VR(フィンランド国鉄)の公式サイトで予約するのが一番おすすめです。

VRの公式サイトからサンタクロースエクスプレスのチケットを予約する方法については、こちらの記事で詳しく書いてあるので読んでみてくださいね!

合わせて読みたい
サンタクロースエクスプレスの予約方法!ヘルシンキからロヴァニエミへの夜行列車に乗ろう
サンタクロースエクスプレスの予約方法!ヘルシンキからロヴァニエミへの夜行列車に乗ろう

サンタクロースエクスプレスに乗車したブログ

ここからは、2024年1月にサンタクロースエクスプレスに乗車したときの体験談を書いていきたいと思います。

22:45 ヘルシンキ中央駅へ

23時13分発の列車を予約していたので、22時45分にヘルシンキ中央駅に到着しました。

電光掲示板を見てみると、遅れている列車(赤い表示)もかなりありそうな雰囲気。

雪のせいなのか列車遅れてるな

1時間以上遅れている列車もある中、私の乗る予定の列車は定刻通り出発する雰囲気!さっそく7番線に向かいます。

始発だからか定刻通り発車する模様

ホームにでると、すでに列車が並んでいます。ちなみに改札はなかったのですぐにホームに入れます。

列車が待っている

7番線にいくと・・・サンタクロースエクスプレスらしき列車が!

あれはサンタクロースエクスプレスだ

出ました!サンタクロースエクスプレス!!長ーい列車です!謎のキャラが出迎えてくれました。

これがサンタクロースエクスプレス?

しばらく歩くと、やっとサンタさんのマークを見ることができました!これを見たかった~!

サンタクロースのマーク

23:00 サンタクロースエクスプレスの個室へ

さっそくサンタクロースエクスプレスの車内に入って、個室を探します。

長い廊下

4人部屋なのかなと思っていたら、まさかの2人部屋!(ほかの部屋も2人部屋だった)。移動で疲れ切っていたので、プライベート空間が保たれているのはすごいありがたい。

初めての2人個室

部屋の中はこんなかんじで、快適そう。

ただし荷物の収納スペースはないので、バカでかいスーツケースを持っていくと狭くなりそうでした。

寝台列車だね~

コンセントはいたるところにあります。なんと定員2名の部屋に5つもありました(笑)

コンセントはたくさん

個々のベッドの上にもコンセントはあるので、充電には困らなそうです。

充電に困らないのありがたい!

サンタクロースエクスプレスはWi-Fiも完備

サンタクロースエクスプレスは、なんとWi-Fiも完備されていました!けっこうさくさく通じます。

サンタクロースエクスプレスはアメニティも豊富

サンタクロースエクスプレスは寝台列車なのに、ちょっとしたアメニティもありました。まずはこの手洗い場に、紙コップまであります。

個室に手洗い場はありがたい~!

石鹸らしきものもありました。

使わなかったけどありがたい

ベッドを登ってみると・・・

寝台上段のベッド

水とタオルまで用意してくれています~!助かる!

サンタクロースエクスプレスは部屋に鍵がかかる!

さらにさらにこのサンタクロースエクスプレスの個室、部屋に鍵がかかるみたいなんです!

正直、寝台列車にセキュリティなんて求めていなかったので、びっくりしました。

鍵までかかる個室

こんな感じで各部屋に、部屋の鍵が2つとシャワーの鍵が用意されていました。

サンタクロースエクスプレスのトイレは綺麗

各車両にトイレがあるのですが、トイレの状態も綺麗です。サンタクロースエクスプレス、ここまで全く言うことなし、快適すぎます。

トイレまで綺麗

23:13 ヘルシンキ中央駅を定刻通り発車!

車内の探検をしていると、定刻通りヘルシンキ中央駅を発車です。この瞬間が一番わくわくする~!

ヘルシンキ、さようなら

発車してしばらくしたら、車掌さんが部屋にきてチケットの提示を求められました。VRなどで予約したチケットの画面を見せればOKです。

この画面を車掌さんに見せればOK

もう夜ご飯も食べていたので、ヘルシンキのスーパーで買った生絞りオレンジジュースを飲んで寝ることにしました。

高いけどうまいオレンジジュース

お布団も枕も快適!寝台列車は音がうるさくて寝れないこともあるのですが、さほど音も気になることはなく、あったかい車内でぐっすり寝れました。

お布団も快適

9:15 起床、朝食がとどく

9時ごろに起床すると、都会的なヘルシンキとは一転、森と雪景色が広がっていました。

寒そうー!!

VRでチケットを予約する際に、11.9ユーロの朝食も事前に注文していたので、9時半ごろに車掌さんが朝食を届けにきてくれました。

温かい紅茶を飲めるのがありがたい。

11.9ユーロの朝食

ヨーグルトにはスーパーで買ってきたブルーベリーものせて食べてみました。ヘルシンキは物価高いですが、ブルーベリーはそんなに高くなくてよかったです。

美味しいブルーベリー

10:00 食堂車を見に行く

まだ何か食べれそうと思ったので、食堂車を見に行くことにしました。

食堂車の入り口

食堂車、カフェみたいになっています。夜も営業しているみたい(なんと夜中の2時ごろまで!)です。

食堂車

メニューらしきものもありました。さっき食べた朝食メニューしか頼めないみたいだったので、ここで食べるのはやめました。朝食メニュー以外(スープとか)は11時から注文できるみたいです。

メニュー

10:10 サンタクロースエクスプレスのシャワーは使えず

食堂車の帰りにシャワー室を見つけたので、部屋に置いてあった鍵をさしてみました。ところが、鍵をさしても開かず…。シャワーを使うには予約が必要なのかもと思いました。

開かないシャワー

そんなこんなをしていると、だんだんロヴァニエミに近づいてきます。

窓の外を見る子ども

13:00 ロヴァニエミに到着!

13時、やっとロヴァニエミに到着です!11時3分着の予定が、2時間ほど遅れました。遅れたことを除けば、本当に快適な電車の旅でした。もはやずっと乗っていたかった。

石山はる
石山はる

機内アナウンスはフィンランド語と英語なので、降り忘れの心配もなさそう!

寒そうだ

電車を降りて外にでると・・・ロヴァニエミ、雪一色の世界です!たしかにサンタクロースがいそうな雰囲気。

雪一色のロヴァニエミ

慣れない雪に転んでいる子どももいました。わかる。

ブーツ必須

なんと、外は-26℃です!これは人生の最低気温だ!

寒すぎる

電車から降りて寒すぎたので、駅の隣にあるカフェレストラン「Rovaniemen Asemaravintola」に逃げ込みました。

外にいたくない

ここのカフェはコーヒーもおいしく、お昼ご飯も食べれました。

コーヒー

ご飯を食べたら、タクシーの配車アプリも利用できなかったので、-26℃の中、歩いてホテルを目指すことになりました。

カツレツのようなもの

ロヴァニエミでおすすめの宿泊施設・ホテル

真冬のロヴァニエミは寒すぎて長くは歩けないので、湖に近いリゾートの方ではなく、駅から歩いていける範囲の中心部のホテルに宿泊するのがおすすめです。冬は観光シーズンなので、早めに予約しないと売り切れてしまうため注意です!

アークティック シティ ホテル

アークティック シティ ホテルはロヴァニエミ駅からバスに乗って7分の場所にあるホテル。ロヴァニエミの中心地にあり、サンポケスクス・ショッピングセンターから徒歩2分です。

オリジナル ソコス ホテル ヴァークナ ロヴァニエミ

寒い国であったら安心のソコスホテル。ホテルチェーンで安心のクオリティで、ロヴァニエミ駅からバスで12分の立地です。さらにサウナもついているので、冬でもあったまれますね。

First aparthotel Blitzen

本当はこうしたホテルに泊まりたかったのですが、予約をするのが遅くて売り切れてしまっていたため、私はホテルではなくアパートメントに泊まりました。

フロントがないため鍵の受け渡しなどが若干めんどくさいですが、ホテルよりも比較的安く泊まれるのでアパートメントもおすすめです。

このアパートメントはロヴァニエミ駅から歩いて約15~20分と冬でもなんとか徒歩でたどり着けるほどの距離にあり、アパートメントですが着いた瞬間から暖かくて快適でした。

最後に サンタクロースエクスプレスはとても快適

ここまで、サンタクロースエクスプレスに乗ってみたときの体験談を紹介してきましたが、いかがでしたか?

今まで寝台列車に何回か乗ったことがあったのですが、正直サンタクロースエクスプレスが一番快適だなと思いました。トイレも綺麗だし、個室に手洗い場があるし、部屋に鍵がかかるし…もはやホテルでした。

もしもヘルシンキからロヴァニエミに行く予定がある場合は、ぜひこの夜行列車に乗ってみてくださいね!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
石山はる
石山はる
ひとり旅好きなOL
ひとり旅が好きな社会人5年目のOL。これまでに海外31ヶ国、国内38都道府県を旅してきた。胃腸が弱く、海外で食べ物を口にするのが怖い。信じられるのはコーラとビールだけ。旅のスタイルは、長期バックパッカーから日帰り小旅行まで様々好き。小心者かつ英語も話せないような女子大生だったが、試行錯誤の末に世界一周もできるように。これまでに得た女ひとり旅のノウハウや、旅の面白さを発信します!あ~はやく長期休みにならないかな。
記事URLをコピーしました