海外

ホーチミンのカジノで70万円勝った方法|おすすめホテルや初心者の遊び方も紹介|ベトナムブログ

ishiyamaharu
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ベトナムのホーチミンやハノイへの旅行を予定しているみなさんの中には、「せっかくだからカジノに行ってみようかな」と迷っている方もいるかもしれません。

いちこちゃん
いちこちゃん

初めてカジノに行くから、どうやって遊べばいいのかもわからないし、そもそも入場料とか、持ち物とか服装とかも気になる。

この記事では、2023年に初めてベトナムのカジノに行ってみた私(石山はる)の経験から、初心者におすすめのポイントやカジノでの遊び方、ホーチミン・ハノイのカジノで一時は70万円勝ったけどすべて失ったカジノの先輩(ひつじちゃん)の体験談などを紹介していきたいと思います~!

もくじ

ホーチミンのカジノに行く前に知りたい基本情報

まずはじめに、カジノの入場料や予算、ドレスコードなど、ホーチミンのカジノに行く前に知っておきたい基本情報を紹介していきますよ~!

ホーチミンのカジノの入場料は?

ホーチミン・ハノイのカジノの入場料は無料になっています。さらに、ご飯やドリンク(もちろんアルコールも!)も0円なんです!

ホーチミンのカジノへ入場する流れ

ハノイ・ホーチミン市内には主にホテルに併設で外国人向けカジノが多数あります。GoogleMapで「casino」と調べると出てくるので、立地で選ぶのがよいです。

カジノへ入場する流れはだいたい同じ(世界中のカジノでたいてい同じ)。

ハノイ・ホーチミンのカジノへ入場する流れ
  1. エントランスでは初めてか聞かれるので、初めてと答える。
  2. ID(パスポート)を提示し、写真撮影がある。
  3. 写真撮影が済むと会員カードを発行してくれる。
  4. 大きなバッグやコートはクロークに預けたら入場!

ホーチミンのカジノはUSドル(米ドル)を使う

荷物を預けて奥に進むと、ゲーム台がたくさんあります。ベトナムはディーラー禁止なので、殺風景だけど焦らずに遊べる!

米ドルがないと遊べない

USドル紙幣を入れて遊ぶスタイルなので、USドルを持っていなければCASHカウンターで両替するか、クレジットカードのショッピング枠を利用してドル紙幣を手に入れられます。

台に座る際は、会員カードを刺してドルを入れると遊べます。

遊び終わって台を立つ際はCASHpayボタンでレシートを発行!会員証とレシートをもって、次の台に行くか、換金する場合はCASHカウンターに行きます。

台からドルはでてこないのでレシートを忘れないように注意!

ホーチミンのカジノの予算は?

カジノの予算は人によるのでなんともいえないのですが、予算の上限だけは絶対に決めておいた方がいいです!

私がホーチミンのカジノにいったときは予算の上限を100ドルに設定しました。100ドルでどのくらい遊べるかというと、運がない場合はルーレットで30分ほど遊ぶとすべてお金がなくなってしまうくらいです(その日は1回しか当たらなかった)。

なのである程度の勝負ができる金額は200~300ドルくらいからだと思った方がいいです。

ホーチミンのカジノでパスポートは必要?

ホーチミンのカジノに入場する際は、パスポートを必ず提示する必要があり、パスポートのコピーをとられる場合もあります。

パスポートを忘れると基本的にはカジノに入ることはできませんが、ベトナムの場合、運がよければ在留カードのみで入場させてくれるホテルもありました(たまたま運がよかっただけ)。

ホーチミンのカジノの服装・ドレスコードは?

ホーチミン・ハノイのカジノにはドレスコードが厳密に指定されていない印象です。半ズボンでビーチサンダルでも入場している人はいたので、そこまで服装に厳しくないようです。

ほとんどのカジノがホテルの一角にある

ホーチミンのカジノのルールは?

ホーチミン・ハノイのカジノの内部は、原則「写真撮影禁止」になっています。日本だと中々行く機会のないカジノなので写真を撮りたい気持ちはやまやまなのですが、我慢します。

ちなみに私は初めてカジノというものに行ったのですが、ホーチミンはカジノにディーラーがいないからか、カジノ内部は「ちょっと豪華なゲームセンター」のような印象を受けました。

ホーチミンとハノイのカジノで約70万円勝ってほぼ失った体験談・ブログ

ここからは、ホーチミンとハノイのカジノに通って、5,600USD(約70万円)勝った経験のあるしょうゆちゃんの話を書いていきます。

しょうゆちゃん
しょうゆちゃん

ハノイとホーチミンを約1週間旅したときに、カジノで約70万円勝ったのに、それをほぼすべて失ってしまったことの顛末を紹介していこうと思うよ。

いちこちゃん
いちこちゃん

しょうゆちゃんやばいね。

夢と消えたお金たち…

ホーチミンのカジノはご飯もドリンクも無料

ベトナム人は早起きだ。6時台には街に人が歩いているし、7時台にはビジネスタイムが始まる。理由は、まだ涼しいうちから前倒しで活動し、あまりに過酷な12時~14時の陽射しを長い昼休憩でやり過ごすためだ。

朝からごった返す街路や市場も、昼時になると水を打ったようになる。ランチ、カフェ、ショップ、あらゆるものがさーっと看板を裏返し、奥に引っ込んでしまう。

と、賢いベトナムの生活の知恵に関心はするのだが、11時に目が覚めた私は行く宛てを失ってしまった。

そこでふと思い出したのが、ベトナムにもあると下調べしたカジノだった。

24時間休まない、涼しくて喉の渇きも癒せる楽園(ベトナムのカジノはドリンク飲み放題、ご飯も無料)!

そこからは毎日、12時~14時はどこかのカジノへ行っては涼と無料のランチをいただく習慣ができた。ここからは帰国まで、手持ちの資金がどう増減したのかメモを書き残したい。

初日:300USD分のチップをクレジットカードで購入

まずは初日。米ドルは手持ちに持ち合わせていなかったので、カウンターに行き300USD分のチップをクレジットカードで購入した。現金を買っているようなものだが、ショッピング枠が使われるので一安心(?)。

ブラックジャックやスロット、ルーレットの台があるが、初心者にはカジノで遊んでる感があって能力によって勝ち負けの期待値が変わらないルーレットをおすすめしたい。

20USD、30USD程度を赤黒や偶数奇数など、約半分(48.6%)勝てるエリアにのんびり賭けて、破綻しないように資産を増減させる。

しょうゆちゃん
しょうゆちゃん

数字単体に1USD(1/37)ずつ賭けるより大きな勝負をしているように感じるけど、確率的にはこちらのほうがずっと手堅い。

たいていのカジノでドリンクやフードが無料なので、飲み食いしながら、300USD→250USD→380USDとなったところでストップ。

2日目:資産が3倍に激増!

380ドルがある状態から二日目はスタート。初日と同じようにルーレットを続けていたら、順調に増加。

せっかく増えているので撤退ラインを「400USD」に決めて、ゲームを続行することに。

この日は運がツイていて、なんと1300ドルまで激増!ほくほくのまま家路についた。

3日目:撤退ラインを1,000USDに定める

2日目にして300ドルが1300ドルにまで増加した私。今度は撤退ラインを1000ドルに定めてゲームを続行することにした。ルーレットやブラックジャックをやってみた(ほぼルーレット)。

しょうゆちゃん
しょうゆちゃん

1000ドルを死守できれば今回の旅の航空券とホテル代がタダになるぞ~!

なんとこの日もつきについていて、1300ドルが3600ドルになった。といっても一発大当たりというわけではなく、ほぼ半日カジノにいて、少額をねちっこくかけ続けた結果という感じだった。

カジノの入り口

4日目:最高額、5,600USDに到達

3日目と同様に撤退ラインを1,000USDに決めて、ルーレットを続ける。この日も運がよく、ついに5,600ドルに到達!300ドルが約18倍になった!ほくほく。

いちこちゃん
いちこちゃん

ここで撤退してればよかったのにね。

ほくほく(のちに消えるお金)

5日目:大負けする

5,600USDのうち、初日の300USDとホテル代などの600USDを除いた4,900USDを片手に、最後のカジノに挑戦。

この日はなぜかつきが悪く、ルーレットを回してもなかなか当たらない。(前日に大勝ちした情報が会員カードに刻まれているのか?と疑いたくなる)。

それでも初日から今までと同様に少額をちょこちょこ賭けていればよかったものの、突然なぞの衝動が起きて、「3倍」か「ゼロ」かでオールイン!!

…負けました。4,900USDもあったのにぜんぶなくなりました。

ホーチミン・ハノイのカジノで負けた理由

一時は約70万円を手にしたのに、それを失ってしまった理由は、「引き際を見抜けなかった」ことに尽きる。勝ちが続いてもどこかで負けがくる。賭けるごとに期待値はマイナスだと頭の片隅にはあるのについ欲を出してしまった。

しょうゆちゃん
しょうゆちゃん

勝ってるうちに帰ること。5ドルでも10ドルでもいいから、勝っているうちに帰れればよかった。

石山はる
石山はる

私もホーチミンのカジノにいったとき、100USD、全部なくなっちゃったなあ。引き際が肝心だね。

ちなみにカジノに向かう前は「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画を観るとテンションあがるのでおすすめです。

ホーチミンのカジノが初心者におすすめな理由

おすすめの理由①ディーラーがいない

ベトナムのカジノは法律でマシンのみが許可されているので、ディーラーがおらずいささか退屈で殺風景なのですが、自分のペースに徹してプレイできるともいえます。

石山はる
石山はる

私もホーチミンで初めてカジノに行ったけど、ディーラーがいないから緊張せずにすみました

また、英語やベトナム語をしゃべらなくてもゲームができるから、初めてカジノに行く人にはハードルが低いです。

おすすめの理由②アットホーム感がある

ホーチミンやハノイのカジノは規模が小さく、スタッフやマネージャーの目が行き届いているので迷子になりにくいです。
また、日本人や非英語圏の客が相対的に多いので、「外国人ばかりで緊張する」というようなことがなく、アットホームでゲームに集中しやすいのが初心者には嬉しいポイントでした。

おすすめの理由③ミニマムベットが低め

ラスベガスやマカオに比べてミニマムベット(1ゲームごとの最低賭け額)が安いので、100~200USDの低予算でも遊びやすいです。

しょうゆちゃん
しょうゆちゃん

ミニマムベットが高いカジノだと、ルーレットの赤黒やブラックジャック1回で最低50USDや80USDが必要になり、低予算ではすぐに破綻する可能性が高いからありがたい~!

ホーチミンでおすすめなカジノ付きホテル5選

ホーチミンのカジノはホテルに併設されていることがほとんどです!ここでは、ホーチミンでおすすめのカジノ付きホテルを5つご紹介していきます。

①パークハイアットサイゴン(Park Hyatt saigon)

パークハイアットサイゴンは1区に位置する五つ星ホテルです。オペラハウスやドンコイ通りなどの観光スポットにも近く、便利な立地です。

パークハイアットサイゴンに併設されているカジノは「Monte-Carlo Saigon」。ルーレットやスロットが楽しめます。

石山はる
石山はる

私はモンテカルロサイゴンで負けてしまったのだけど、パークハイアットサイゴンの雰囲気が素敵で、飲み物や食べ物も無料だったので、それだけでも行ってよかったよ!

パークハイアットサイゴンの基本情報
  • 住所:2 Công Trường Lam Sơn, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
  • 電話:+84 28 3824 1234
  • カジノ(Monte-Carlo Saigon)の営業時間:24時間

②カラベルサイゴンホテル(Caravelle Saigon Hotel)

カラベルサイゴンホテルはパークハイアットサイゴンの近くに立地する5つ星ホテルです。ホーチミンの中心部に位置するため、カジノだけでなく、ドンコイ通りやベンタイン市場などのホーチミン市内観光の拠点とするのにも適しています。

カラベルサイゴンホテルに併設されているのが「Vegas Club」で、ホーチミンのカジノの中でも「カジノらしいカジノ」という口コミが多く見受けられるほど、内装が豪華なカジノです。ルーレットやブラックジャック、スロットなどが楽しめます。

石山はる
石山はる

Vegas Clubでは、Googleマップにレビューをすると20ドルのクレジットをもらえるキャンペーンを行っているようです(2023年11月4日現在)。

カラベルサイゴンホテルの基本情報
  • 住所:19-23 Lam Son Square, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
  • 電話:+84 28 3823 4999
  • カジノ(Vegas Club)の営業時間:24時間
  • カジノ(Vegas Club)の公式ホームページ:Vegas Club

③プルマンサイゴンセンター(Pullman Saigon Centre)

プルマンサイゴンセンターはバックパッカーが集まるファングーラオ地区に近いモダンなホテルです。ホーチミン観光の中心となっているオペラハウスまでは車で約11分とすこし距離があります。

プルマンサイゴンセンターに併設されているのが「Club V E-Gaming」。スロットやルーレット、ブラックジャック、バカラなどが楽しめます。日本語を話せるスタッフもいるようで、初心者にもやさしいカジノです。

石山はる
石山はる

Club V E-Gamingでは、新しくメンバーシップカードを作ると20ドルのクレジットをもらえるキャンペーンを行っているようです(2023年11月4日現在)。

プルマンサイゴンセンターの基本情報
  • 住所:148 Trần Hưng Đạo, Boulevard, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh 070000 ベトナム
  • 電話:+84 28 3838 8686
  • カジノ(Club V E-Gaming)の営業時間:24時間
  • カジノ(Club V E-Gaming)の公式ホームページ:Club V E-Gaming

④シェラトンサイゴンホテル&タワーズ (Sheraton Saigon Hotel & Towers)

シェラトンサイゴンホテル&タワーズはドンコイ通りの中心に建ち、ホーチミン市内主要観光スポットやショッピングへ行くにも便利なホテルです。また、カジノ以外にも、レストランやバー、屋外プール、スパなども充実しています。

シェラトンサイゴンホテル&タワーズに併設されているカジノが「PLAZZO CLUB」。ブラックジャックやルーレット、ジャックポットが楽しめる、ホーチミンの中でも最大規模のカジノと言われています。

シェラトンサイゴンホテル&タワーズの基本情報
  • 住所:88 Đ. Đồng Khởi, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
  • 電話:+84 28 3827 2828
  • カジノ(PLAZZO CLUB)の公式ホームページ:PLAZZO CLUB

⑤ホテルマジェスティックサイゴン(Hotel Majestic Saigon)

ホテルマジェスティックサイゴンはサイゴン川の目の前に位置している五つ星ホテルで、1925年に建てられた歴史あるホテルです。また、ドンコイ通りに位置しているため、ホーチミン観光には最適な立地となっています。

五つ星ホテルですが、1部屋一泊朝食付きで約1万5,000円とリーズナブルな値段で宿泊することができます(円安なのに!)

合わせて読みたい
ホテルマジェスティックサイゴン宿泊記!ホーチミン女一人旅におすすめな五つ星ホテル【ベトナムブログ】
ホテルマジェスティックサイゴン宿泊記!ホーチミン女一人旅におすすめな五つ星ホテル【ベトナムブログ】
中庭にはプールもある

ホテルマジェスティックサイゴンの地下には「マジェスティッククラブ」という比較的小規模なカジノが併設されています。

石山はる
石山はる

ミニマムベットが50セントからとルーレットやブラックジャックなどを安く楽しめると聞いてマジェスティックホテルに宿泊したのですが、カジノは休業中でした(2023年7月時点)。残念…また行きたい。

ホテルマジェスティックサイゴンの基本情報
  • 住所:1 Dong Khoi Street, District 1, Ho Chi Minh, VIETNAM
  • 電話:84 28 3829 5517

最後に カジノで勝つには引き際が肝心

ホーチミン・ハノイのカジノの入場方法や遊び方、約70万円勝ったのに結局大負けしたしょうゆちゃんの体験談などを紹介してきました。

やっぱりカジノで勝つためには引き際が肝心ですね。私も次にカジノへいったときは5ドルでも勝ったら帰るということを…したい…(できるかな)…したいです。

でもでも勝てなくても無料でドリンクや軽食をもらえるので、雰囲気だけ楽しむだけでも行ってみる価値はあると思います~!

それでは楽しいベトナムの旅を!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
石山はる
石山はる
ひとり旅好きなOL
ひとり旅が好きな社会人5年目のOL。これまでに海外31ヶ国、国内38都道府県を旅してきた。胃腸が弱く、海外で食べ物を口にするのが怖い。信じられるのはコーラとビールだけ。旅のスタイルは、長期バックパッカーから日帰り小旅行まで様々好き。小心者かつ英語も話せないような女子大生だったが、試行錯誤の末に世界一周もできるように。これまでに得た女ひとり旅のノウハウや、旅の面白さを発信します!あ~はやく長期休みにならないかな。
記事URLをコピーしました